お部屋探しの注意点|戸田市や蕨市、さいたま市南区(浦和、武蔵浦和)の賃貸、売買

戸田賃貸|さいたま市のマンションを中心に周辺の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。

お部屋探しの注意点|さいたま市のマンション戸田市、蕨市の賃貸・売買の事ならお任せください。

さいたま市南区の賃貸物件、戸田市、蕨市の物件のことならセンチュリー21ニッケントラスト

  • 048-838-0080
  • 9:00~18:00/定休日:毎週水曜日・第2第4木曜日

お部屋探しの注意点

都心に近い戸田市で物件を探されている方は多いでしょう。1度選んだ物件には、

長い間暮らすことになります。後悔することのないよう、慎重に物件選びをすることが大切です。

そこでこちらでは、物件の選び方をご紹介したいと思います。

エリアを決定する

まずは具体的なエリアを決めましょう。戸田市といってもエリアは結構広いため、どの地域に住みたいかを考えてみ

てください。利便性を考慮し、勤めている職場や通っている学校の近くで探される方が多いです。エリアを選ぶ際は、周囲の環境を事前に良く確認しておくことが重要です。交番や病院など、何かあったときに利用できるものが近くに

あれば安心です。交通機関やコンビニ、スーパーの位置も確認しておきましょう。

条件を決める

自分のこだわりたい条件を考えてみましょう。どれくらいの広さが必要か、トイレとお風呂は別が良いのか、日当た

りや間取りなど、こだわりたい条件があると思います。ここで注意しなければいけないのは、条件をあまりにも絞ら

ないということです。条件を絞り込みすぎてしまうと、物件数が少なくなります。どうしても譲れない条件と、

譲っても良い条件とを区別しておくことが大切です。

家賃を考慮する

どんなに条件に合致している物件であっても、家賃が高ければ毎月の負担が大きくなります。家賃は収入の3分の1を目安に選びましょう。特に学生さんにとっては、家賃ができる限りリーズナブルであることが大切だと思います。予算範囲の家賃よりも高い物件しか見つからなければ、エリアを拡大して探したり、譲りたくない条件を見直す必要があるかもしれません。インターネットを上手く活用し、家賃の相場を下調べしておくと役に立つと思います。

見学をたくさんする

情報をたくさん集めたからといってすぐに購入を決めてしまうと、失敗の原因となります。気になる物件を見つけたら、実際に足を運んで見学されることをおすすめします。内見は何件でも見学可能です。色々な物件を見学し、条件に合う物件を見つけましょう。

住まいは仕事やプライベートで疲れた体と心を癒す空間です。

癒しの空間を確保するには、物件探しが非常に重要となります。

住んでから不満が出ないよう、見学時には物件を隅々までチェックしましょう。

こちらでは賃貸物件のチェックポイントをご紹介します。

 

 

日当たり

日当たりは物件探しの上で大きなチェックポイントです。日当たりが悪いと部屋全体の雰囲気が悪くなることがあります。

また、日当たりの良い南向き物件であっても、隣の建物の高さ・距離などによって変わってきます。

見学時には窓を開ける、またはベランダに出て日当たりを確認しましょう。

ベランダ

見学時に見落としがちなチェックポイントに、ベランダが挙げられます。洗濯物・布団を干すスペースがあるか、エアコンの室外機を設置する場所は適切か、工場・交通量の多い道路が通っていないかチェックします。

収納スペース

収納スペースも必ずチェックするポイントです。持っている荷物の整理が十分可能な容量スペースを確保しましょう。

押入れタイプ・クローゼットタイプなどがあるので、荷物の量を考慮して選ぶと良いです。その際、湿気の確認も行いましょう。

キッチン

電気コンロがついたミニキッチンやガスキッチンが主流でしたが、最近は安全かつ掃除が楽などの理由から、IHクッキングヒーターが人気を集めています。

料理好きな方は2口コンロが使えるキッチンかもチェックしましょう。

コンセント

コンセントも見落としがちなポイントの一つです。例えばキッチンでは冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などの電化製品を使用します。

その際、コンセントがないため近くに冷蔵庫が置けないなどの可能性が出てきます。コンセント数・位置も忘れずにチェックしましょう。

進学・就職をきっかけに一人暮らしを始める方や、転勤などで引越しを控えている方もいると

思います。新しい土地で快適な生活を始めるためにも、物件を借りる際には注意しなければ

いけないポイントがあります。

こちらではその注意点についてご紹介します。

初期費用

物件を借りる際、敷金・礼金・仲介料をはじめ、家賃・共益費・火災保険などの初期費用が必要となります。

この初期費用の他にも、新たに購入する家具・家電製品なども考慮しなければいけません。

一人暮らしを始めるから、引っ越しするからといきなり物件を借りるのではなく、予算の上限を決めるなどの準備をきちんと行ってから、必要な費用を把握することが大切です。

二重家賃

実家暮らしの方が賃貸物件に引っ越す場合は問題ありませんが、賃貸から賃貸へ引っ越しする際、二重家賃が発生するケースがあります。

二重家賃とは引越し前の賃貸と、新居の両方で支払う家賃のことです。引越しは何かと出費が多いですので、できるだけムダな出費を抑えたいところです。

賃貸契約をきちんと確認する、新居に移るタイミングを調整するといった方法で二重家賃を避けましょう。

原状回復

賃貸契約を結ぶ上で忘れてはいけないのが原状回復です。

原状回復とは借主が貸主に物件を明け渡す際、借りた時の状態に戻すことを言います。

テレビ・タンスなどの家具を置いた時のへこみや、電気焼け・日焼けによる壁紙の変色など、普段の生活の中で発生した自然損耗分は負担する必要はありません。

ただ、食べ物・飲み物によるシミやタバコの焦げ跡、家具を引きずった痕など、借主側の過失で発生した傷・汚れは修繕費の支払いが必要です。

敷金が返ってこないだけでなく、修繕費用をさらに請求されるといった原状回復のトラブルは多いです。

このようなトラブルを避けるためにも、しっかりと確認しておきましょう。

賃貸物件を探す際、多くの方が部屋の方角を重視します。

一般的に南向きの物件が良いとされますが、こちらでは他の部屋の方角についてもご紹介します。

南向き

南向き物件は一番人気です。これは東から昇った太陽が西に沈む際、南寄りを通っていくためです。

朝から夕方まで太陽を感じながら生活できるので、お子様がいるご家庭や暖かな日差しを浴びたい方におすすめです。

他にも風通しの良さが南向きの魅力と言えます。夏場は涼しい南風を取り入れ、冬場は寒い北風が直接入らないので暖かく過ごすことができます。

エアコンの使用数・電気代を抑えることにも繋がります。 オールシーズン快適な生活が可能なこともあり、他の方角の部屋より家賃が高いケースがあります。

東向き

南向き物件の次に良いとされるのが東向き物件です。東向き物件は朝型生活を送る方におすすめです。

太陽の光が部屋の中に直接差し込むので、朝の目覚めをスッキリとさせてくれます。

日照時間がほぼ午前中に限られますが、午後には暑さが和らぎ涼しく過ごせます。 太陽の光を浴びることで人間はエネルギーがチャージされます。

ライフスタイルにメリハリをつけたい場合は、東向き物件を選んでみましょう。

西向き

東向き物件とは反対に、夜型生活の方には西向き物件がおすすめです。

午前中の日照時間が短いですが、午後の日照時間は長いので長時間、洗濯物に日光を当てることが可能です。

夏場はカーテンや冷房器具で西日対策を行いますが、夜まで暖かさが続く冬場は暖房費の節約といったメリットがあります。

部屋から美しい夕焼けを楽しみたい方にもぴったりです。

北向き

日当たりが悪いと敬遠されがちな北向き物件にもメリットはあります。

まず、南・東・西物件に比べ、家賃が安いことが挙げられます。

また、日差しの影響が少ないので、一定の室温を保ちます。そのため、夏場の室温上昇を抑え、省エネルギーで快適に夏場を乗り切れるのです。

自宅での仕事・作業時間が多い方におすすめの方角です。

様々な物件がある中で、新築・中古どちらを選ぶかで迷うことは多いです。

人気の物件として、新築賃貸物件があります。こちらでは新築賃貸物件のメリットをご紹介します。

充実した設備

新築賃貸物件の大きなメリットとして、設備の充実性が挙げられます。

例えば、温水洗浄便座のトイレや追い焚き機能付きのシステムバス、安全に使用できるIHクッキングヒーターのキッチンなどの物件があります。

エコな設備も多いので、省エネ対策の上でも活躍します。

他にも大容量のクローゼットなど、現代のライフスタイルに合わせた設備が用意されているところが魅力です。

安心のセキュリティ設備

住まいは自分自身だけでなく、家族の安全を守る空間でなければいけません。そのため、防犯対策を行う必要があります。

新築賃貸物件の多くがオートロックをはじめ、テレビモニター付きインターホンや防犯カメラ、セキュリティサムターンを採用した物件が増えています。

このようなセキュリティ面から、一人暮らしを始める女性の方にもおすすめです。

見た目の良さ・清潔感

新築ならではの特徴に外観・室内の見た目の良さ、清潔感があります。

マンションだと廊下・階段などの共有スペースもきれいに整備されていることが多いです。

汚れの付きにくい素材を使用している物件も増えており、清潔感を長持ちさせることも可能です。

清潔感のある住まいで、日常的に物をきれいに使う気持ちを身につけてみてはいかがでしょう。

アパートやマンションなどの賃貸物件を契約する際、必ず入居審査を行います。

入居審査に通らなければ、賃貸契約を結ぶことができないため、

賃貸物件をお探しの方は入居審査対策をしておきましょう。

入居審査の概要

入居審査とは、物件の契約希望者が入居しても大丈夫かどうかを不動産会社や大家さんが審査することです。 

契約希望者の年収や職業、人柄などを審査し、問題ないと判断されれば契約を結ぶことができます。 

気に入った物件を見つけても、家賃を滞納する恐れがある、近隣住民とトラブルを起こしそうと判断された場合は契約が結べません。

年収の判断基準

入居審査の中で特に重要視されるのが年収です。物件を貸しても毎月家賃を支払えるくらいの年収が無ければ、滞納して大家さんが損をすることになります。 

年収の基準は不動産会社によって異なりますが、一般的には家賃が年収の3分の1程度であれば問題ないと言われています。ただし、その基準をクリアしていても、安定した収入があるかどうかも重視されるため、派遣社員やフリーターの方は敬遠される傾向にあります。 

自分がフリーターであることを心配して、申し込み書類に嘘の情報を記入すると審査に落とされるので、雇用形態や年収をごまかして書かないようにしましょう。

職業

十分に家賃を支払える収入があっても、職業が不明確な人は審査に落とされる可能性が高いです。 

不動産会社や大家さんの信頼を得るためには、仕事内容をきちんと説明し、理解してもらう必要があります。 

あまり世間に知られていない特殊な仕事をされている方は、誰でも仕事内容が理解できるような説明を考えておきましょう。

人柄

見ず知らずの人同士が同じ建物に住むアパートやマンションでは、契約希望者の人柄が重視されます。 

「この人は他の住人に迷惑をかけそうだ」と判断されると、審査に落とされます。 

部屋の中を自分好みにアレンジしたくても、

マンションやアパートなどの賃貸物件はアレンジに制限があるので、

なかなか思い通りにアレンジできないと思います。

賃貸物件でも快適な暮らしをして頂くために、

物件を傷つけずにできる部屋のアレンジ方法をご紹介します。

ウォールステッカー

ウォールステッカーとは、壁や家具に貼れて剥がしても跡が残らないステッカーのことです。 

壁にウォールステッカーを貼るだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わります。

動物や世界地図、文字、アニメキャラクターなど様々なデザインのウォールステッカーがあり、誰でも簡単に貼れるので手軽に部屋のイメージチェンジができます。

リビングやトイレにウォールステッカーを貼れば、ワクワクした気分になれて毎日楽しく過ごせると思います。

マスキングテープ

マスキングテープもウォールステッカーと同様に壁や家具を手軽にアレンジできるアイテムです。

ドアの縁にマスキングテープを貼ったり、壁紙代わりにマスキングテープを貼ったり、色々な使い方ができます。

テープの長さを自由に調節できるので、細かい部分のアレンジにも使えます。

異なる柄のマスキングテープを重ね張りすると、より個性的なデザインが作れるので、複数の柄のマスキングテープを使って好きな場所に貼るのもおすすめです。

色の統一

家具やインテリアの色を揃えると、統一感が出て部屋が広く見えます。 全体を白で統一すると、清潔感があって爽やかな印象になります。さらに、白は光を反射する色なので部屋を明るくする効果もあります。新居へ引っ越すタイミングで家具を買い換える場合は、部屋の色に合わせて家具を選んでみてください。

引っ越しは荷造りや掃除、不用品の処分などやることが多く、

重要なことを忘れてしまう可能性があります。

気持よく新生活が始められるように、引っ越す際の注意点をご紹介いたします。

ウォールステッカー

ウォールステッカーとは、壁や家具に貼れて剥がしても跡が残らないステッカーのことです。 

壁にウォールステッカーを貼るだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わります。

動物や世界地図、文字、アニメキャラクターなど様々なデザインのウォールステッカーがあり、誰でも簡単に貼れるので手軽に部屋のイメージチェンジができます。

リビングやトイレにウォールステッカーを貼れば、ワクワクした気分になれて毎日楽しく過ごせると思います。

マスキングテープ

マスキングテープもウォールステッカーと同様に壁や家具を手軽にアレンジできるアイテムです。

ドアの縁にマスキングテープを貼ったり、壁紙代わりにマスキングテープを貼ったり、色々な使い方ができます。

テープの長さを自由に調節できるので、細かい部分のアレンジにも使えます。

異なる柄のマスキングテープを重ね張りすると、より個性的なデザインが作れるので、複数の柄のマスキングテープを使って好きな場所に貼るのもおすすめです。

色の統一

家具やインテリアの色を揃えると、統一感が出て部屋が広く見えます。 全体を白で統一すると、清潔感があって爽やかな印象になります。さらに、白は光を反射する色なので部屋を明るくする効果もあります。新居へ引っ越すタイミングで家具を買い換える場合は、部屋の色に合わせて家具を選んでみてください。